産地の暮らしを紹介する。産地歩き Vol.2




まだ寒さが残る、3月下旬の秋田県北秋田市。
雪解けが進み、春の気配まではあともう少し。

春を待つ山野草。


前夜からの雪で雪化粧の山野草。
球根はまだ冬眠中です。


行者にんにくも雪化粧。
成長が遅く、収穫する大きさになるまでは数年かかります。


行者にんにくの株。
この力強い根が、時間をかけて養分を蓄えます。


暖かい場所へ植え替えると、数日であっという間に葉を伸ばします。


刻んで醤油に浸してしばらく置くと、とろ〜りとろみが。
お刺身などによく絡み、にんにくの香りがなんとも食欲をそそります。

香るあわび茸。

珍しいあわび茸。
その名の通り、あわびのような食感と、舞茸に似た華やかな香りが特徴です。
かつお出汁のお吸い物がよく合います。

おばあちゃんのがっこ。

「がっこ」は方言で漬物のこと。
噛むとシャリシャリ、サクサク。
塩分を控えたやさしい漬け方で、ついたくさん食べてしまいます。


晴れた日は、気持ちのいい日差しが、雪融けの地面を乾かします。
春まではあともう少し。



〜今回訪ねた主な場所〜

山野草の販売所はこちら。
道の駅 かみこあに。

四季美館。


最寄りの空港はこちら。
大館能代空港。